固定電話を引くためには

男の人

加入権は今でも生きている

現代では携帯電話が普及し固定電話に拘らなくても済むようになっていますが、事業をする場合などには固定電話が必要なこともあります。現代のNTTでは電話加入権がなくても固定電話を引くことができるサービスがありますが、一方で電話加入権を利用して電話回線を引くことも可能です。そもそも電話加入権は全国津々浦々に電信電話網を作るために行なわれた制度で電電公社の時代から続くものです。電話加入権のピークは1976年に改定された8万円で、1985年の電電公社民営化によってNTTになったことで72000円となっていましたが、その後2005年に37800円となり現在に至っています。新規で電話加入権を手に入れることも可能ですが、既存の電話加入権を購入することも可能です。電話加入権が「権」と付くのは譲渡することが可能であるためで、古い時代から売買されてきました。現在の電話加入権は以前と比べるとその価値は著しく低下し、3000円前後で専門業者によって売られています。このさいに購入すると1000円程度の費用負担で固定電話を設置することができるので4000円前後で固定電話を引くことができます。NTTの電話加入権不要のプランでは3000円前後で固定電話を手に入れることができるので加入権を使った方が費用面では高くなりますが、権利を有することができるので権利の譲渡や利用休止などが行なえます。また権利はほぼ永久に保証されるので契約期間に関係なく電話に加入する権利を持ち続けることができます。

Copyright© 2017 レンタル携帯なら安心価格【安い業者を選ぶポイント】 All Rights Reserved.